--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行2日目です
今日はアンドンに行く予定です手書き風シリーズ矢印上

しかしこの日は朝から天気が悪く、雨が降っていました傘

今日も屋外を観光する予定で、雨だと大変なので
昨日の夜から、「もし明日雨がひどかったら諦めてソウルに帰ろう」と決めていました手書き風シリーズ矢印下



今日の予定はさておき、
雨の降る中、とりあえず朝ごはんを食べに行きました食事


ここもムンギョン出身の方のオススメのお店で
순대국(スンデグック)を食べました
スンデグック
スンデとは、豚の腸に牛の血や野菜やお肉を詰めたもので、
韓国式ソーセージとも言われているのです
それをスープにしているものがスンデグックです

聞いただけで気持ち悪いと思われるかもしれません笑

私も最初は見た目のすごさに恐れていましたがかお
食べてみたら意外とおいしいびっくり
すっかりはまってしまいましたハート

また今度スンデのおいしいお店について書きますネ手書き風シリーズ星


さて、話を戻してスンデグックすごく優しい味で朝ご飯にちょうど良かったですGOOD
主人は昨日お腹いっぱい食べすぎて朝食べれないと言っていたのに全部たいらげました笑

ベースがさっぱりしたスープなので、自分で塩コショウやセウジョ(えびの塩辛)を入れて
味を調節します(yajirusi001 韓国はこういう、自分で味を調節するというのが多いです)



アップロードファイル食べ終わって外に出たら雨が上がっていました
良かった~これでアンドンに行ける~♪


アンドン行きのバス乗り場に向かいました
ここチョムチョンからアンドンまではバスで1時間半程かかります


안동(アンドン)行きチケット 
アンドン行きチケット


バスに揺られて、アンドン市内に到着。
アンドン駅に向かいました
アンドン駅
この駅に向かって右手に観光案内所がありました
ここで観光地までのバスの時刻表やパンフレットがあります(日本語)
なので、何か分からない事があればここに行くと良いと思いますclover


河回村(ハフェマウル)に向かうためバス停に向かいました
(バスの本数が少ないので、行き帰りに乗るバスを決めておいた方がいいと思います)

ハフェマウルとは…
豊山・柳氏が600余年間代々暮らしてきた村で、家々の保存状態が良好と言われているところです。現在も子孫の方が住んでいらっしゃり、昔の趣きがそのまま残っている民族村です。有名なリュ・シウォンさんの実家のある所でもあります。


ハフェマウル行きバス
ハフェマウル行きバス

バスで50分程かかりますバス

そして到着した付近は山ばかり山と空
マウル入り口


まずチケットを買うところがあり、その近くに、一つの村の様にお店が集まっている一角があります
(主に飲食店ですが、一周するだけでも雰囲気がありますヨ電球

私達はそこでお昼を食べる事にしました
朝から移動してきただけですが笑
まず、アンドンで有名な「塩さば」をここで食べたかったんですむきゅ

どこのお店でも塩さばをおいているので、
どこで食べていいのか悩んだ挙句…雰囲気で選んだお店で食べました


塩さば定食2人前
マウルお昼

さばは脂がのっていておいしかった♪
おかずは少し味が濃い目でした
(韓国の南に行く程気候が暑いので、味が濃くなるというのもあるのでそれもあるのかな・!?


次回はハフェマウルの中を紹介します手書き風シリーズ矢印上

ブログランキングに参加していますキラキラY
↓ポチッとして頂けるとうれしいですきゃー
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
旅行記を最初から読む
Secret

TrackBackURL
→http://kankokulife.blog28.fc2.com/tb.php/5-c80c57ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。